ソーシャルメディアポリシー

タカラレーベングループは、ソーシャルメディアの利用にあたり、本ポリシーを遵守します。

1.定義

「ソーシャルメディア」とは、Facebook、Twitter、Instagramをはじめとした不特定多数のユーザーがコミュニケーションを行うことを可能とするメディアをいいます。

2.ソーシャルメディアへの参加とポリシー導入の目的

タカラレーベングループは、ソーシャルメディアをさまざまなステークホルダーとの関係を強化する有力な手段として捉え、正しく活用していきたいと考えております。そのための指針として、この「ソーシャルメディアポリシー」を策定しました。

3.ソーシャルメディアにおける情報発信や対応についての自覚と責任

あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であること、ならびにいったん発信された情報は完全に削除できないことを意識したうえで、ソーシャルメディアへ情報発信を行います。社員一人ひとりの行う情報発信や対応が、世の中に少なからず影響を与えることを意識し、誤解を与えないように注意します。

4.適切な情報共有によるコミュニケーションの促進

傾聴の姿勢を忘れず、ステークホルダーの声に耳を傾けます。
ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて絆を強くすることは、ステークホルダーの問題解決に役立つとともに、タカラレーベンブランドの向上に多大な貢献をもたらすことを意識します。
経験を通じ、社員個人の価値を高めるとともに、学んだことを広く社内外に共有し、多くの個人やコミュニティの成長に貢献するよう努めます。

5.社内外の法規・ルールの遵守

法令や「タカラレーベングループ行動規範」ならびにタカラレーベングループ各社が定めた規程を遵守するとともに、良識をもった社会人として、自己の行動に責任を持って、ソーシャルメディアを利用します。

6.ソーシャルメディアの利用について

社員のソーシャルメディアの業務利用、個人利用に関して、本ポリシーとは別に各種ガイドライン(プライバシーポリシー個人情報保護方針)を定めています。

7.お客さまおよび利用者のみなさまへのご案内とお願い

ソーシャルメディアにおけるタカラレーベングループおよびタカラレーベングループ各社の社員からの情報発信のすべてが、タカラレーベングループの公式発表・見解を必ずしも表しているものではありません。あらかじめご了承ください。正式な発表に関してはタカラレーベンWebサイトおよびプレスリリースなどで情報発信しております。

8.ソーシャルメディアポリシーに関するお問い合わせ

タカラレーベングループのソーシャルメディア利用に関するお問い合わせは、こちらからお願いします。

  • ホーム
  • ソーシャルメディアポリシー