TAKARA LEBEN

Top massage
トップメッセージ

Top massage
トップメッセージ

代表取締役社長 島田 和一

「利益構造の変化」

 皆様には、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また日頃より格別のご支援とご厚情を賜り、誠にありがとうございます。

 当第2四半期連結累計期間における日本経済は、新興国経済の成長鈍化による景気下振れリスク、英国のEU離脱問題等により一部では先行きが不透明な状況が見られましたが、日本政府によるデフレ脱却を目指した財政政策の効果等により設備投資の持ち直しや雇用の改善がみられ、企業業績は緩やかではありますが回復基調が続きました。
 そして、当社グループが属する不動産市場では、価格の高騰により契約率の減少がみられ、供給戸数は前年対比で減少を続けておりますが、日本銀行のマイナス金利政策による住宅ローン金利の低下等の影響もあり、東京都心部及び首都圏郊外の需要は底堅く推移しております。

 そのような中、当社は中期経営計画にて「フロービジネスの多様化」と「ストック・フィービジネスの拡大」を掲げ、その推進に注力しております。
 フロービジネスに関しましては、太陽光発電マンションの販売を軸に据え、同マンションの販売が5年連続供給実績全国1位を獲得するなど一次取得者より高い評価をいただきました。また、用地仕入れに関しましては、独自のマーケティングにより順調な取得状況となっております。そして、地方中心市街地においては、当社グループ会社である㈱タカラレーベン東北及び㈱住宅情報館をそれぞれ東日本・西日本の拠点とし、着実に供給エリアを拡大しております。
 ストック・フィービジネスに関しましては、分譲管理事業や賃貸事業等の拡大をグループ全体で進めております。特にメガソーラー発電事業におきましては、自然エネルギーを有効活用した事業の更なる拡大を目的として「タカラレーベン・インフラ投資法人」を設立、平成28年6月2日付で㈱東京証券取引所のインフラファンド市場に第一号として上場いたしました。このようにマンション事業のみに依存しない企業体制の構築を図ってまいります。

 当社は今年、創業45周年を迎えました。今後も一貫したコンセプトである「誰もが無理なく安心して購入できる理想の住まい」を常に心がけながら、「幸せを考える。幸せをつくる。」を企業ビジョン、また「感動する心・誠実な姿勢・実行する力」を企業ミッションとして健全で安定した企業成長を果たし、お客様、ステークホルダーの皆様、そして社会への貢献をすべく事業を推進してまいります。

 今後とも、タカラレーベングループに対する一層のご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

link